快適な「朝日起き」のためにモーニンをやってみた

素晴らしい若葉の季節。

この季節こそ朝だ!朝を充実させよう!

と、ちょっとした新たな朝スタイルを実行中。

●モーニン mornin’

やはり朝は朝日で起きるのがベスト。

ということで、朝日が顔にあたり自然に起きれるようにと、こちらに挑戦。

続きを読む

UberXは何がそんなに革命的なのか

アメリカでUberを使用して、なぜアメリカでUberがここまで高評価なのかが、実感できた。

これは昨年の話だが、資金調達に際して、未上場のUberの評価額は400億ドルだ。
Uber、12億ドルの新たな資金調達を発表―会社評価額400億ドル

400億ドルって、日本円で5兆円近い価値があるということだ。

これがどれ程凄いかというと、今の日本企業の時価総額で比べると、全国トップ20に入る程価値があるのだ。
時価総額上位ランキング

では、Uberの何がそこまですごいのか。

uberr

続きを読む

アメリカでUberを使う時に気をつけておきたい2つのこと

前のエントリーでは、アメリカでのUber(ウーバー)体験として、サンフランシスコで素晴らしいサービスだったとレポートした。
アメリカで便利なUberの使い方 

Uberによって、電車やバスなどの公共交通機関が発達しておらずタクシーもうまく拾えない環境で、車で便利かつ安全かつ安く動けるようになった。

これは素晴らしいことだ。

素晴らしいことが多い一方で、Uberの使用にあたり、注意したいこともある。

※写真はLAで迎えにきた、Uber。なんと車は、リンカーンだった。

uber2 (6)

続きを読む

アメリカで便利なUberの使い方

アメリカのサンフランシスコ(SF)に行ってきた。

SFを含むカリフォルニア州は、カリフォルニアだけで日本より広いという、とても広大な地域だ。

電車やバスなど、公共交通機関も、東京と比べてしまうと、全然発達していないので、必然的に車の移動が中心となる。

ということで、今までカリフォルニアに来たときは、友人の車に乗るか、自分でレンタカーをしないと、非常に行動しにくかった。

 

そんな現状に、革命的なサービスと話題になっているのが、Uber(ウーバー)だ。

日本ではUberは、現状はまだ高級ハイヤーサービスでしかないのでその破壊力を実感できないが、本場のUberのサービスは本当に便利で素晴らしかった。

今回は、その体験について書いてみる。

uber (2)uber (4)

続きを読む

アマゾンの新しい動画配信サービスが最強過ぎる

Huluやdtvなどのような、インターネット経由の動画配信サービスの競争がいよいよ激しくなってきた。

その中で9月からスタートする、アマゾンプライムの動画配信サービスが群を抜いて素晴らしい。

アマゾンの動画配信サービスというか、もうアマゾンプライム自体が凄い。

amazon プライム

続きを読む

自分の死後、SNSはどうするべきか

人はいつか死ぬ。

自分が死んだ後、ウェブに残る情報はどうなるのだろうか?

インターネット以前は、データで情報が残りにくかったので、死後ほとんどの情報はなくなっていった。

しかしインターネット以降、自分の情報はネット上に残る。

死後、自分の墓を用意しておくように、こうしたネット上にある自分の情報について、私たちはどんな準備をすべきなのか。

deadsocial1

続きを読む

死んだらどうなる?フェイスブックアカウント

フェイスブックやツイッターなど、ソーシャルメディア全盛の現在。

しかしこうしたサービスも、実はここ10年以内の新しいものだ。

現実的な問題として、こうしたアカウントは、当事者が亡くなったらどうなるのだろうか?

facebook

続きを読む

遂に1兆円超えたネット広告

2014年、インターネットの広告費が遂に、1兆円を超えた。

1兆円とか聞いてもよくわからん、と思うかもしれないが、ネット広告の金額と増加の勢いは凄まじい。

10年ほど前、新聞の広告費は1兆円で、インターネットはその1/4程度しかなかった。

しかし10年後の現在、立場は大きく逆転した。

インターネット広告費は1兆円に激増し、新聞はかろうじて6000億円を保つ状況だ。

広告費3

(参照:媒体別広告費 電通 2014年 日本の広告費解説

続きを読む

どうなる未来?ドローンをめぐる世界

先月1月26日に、ドローンがホワイトハウスが落ちたことが話題になった。

小型ドローン、ホワイトハウス敷地内で発見

遊びでラジコンのように飛ばして遊んでいたdroneが、ホワイトハウスに普通に落ちてしまったのだ。

この事件はホワイトハウスのセキュリティなどで物議を醸したが、ドローンを巡っては色々な議論や法整備が進んでいる。

drone

続きを読む