ヤキニクエスト、シンガポールの焼肉はここだ!


焼肉好きならば、知らない人はいない著名サイトがある。

ヤキニクエスト

そんなYakiniquestの名前を冠した焼肉屋がシンガポールにある。
Yakiniquest Singapore

ヤキニクエストのウェブサイトを運営していた石田さん夫妻の焼肉好きが高じて、遂に自ら焼肉屋を初めてしまった店。

そんな話を聞いたら、行かない訳にはいかない。

とうことでシンガポールまで、ヤキニクエストを堪能しに行ってきた。

シンガポール。

今や日本よりお金持ちのあの国だ。

そんな国に日本の焼肉を食べ尽くした人が作った焼肉屋はあった。

焼肉屋としては、「よろにく」スタイルだ。
(よろにくについては、「世界一の焼肉屋はここだ!よろにく」をご参照下さい)

やはりヤキニクエストも、よろにくを究極の焼肉の1つの答えとして、インスピレーションを受けたのだろう。

結果から言うと、さすがヤキニクエスト、非常に満足だった。

 

まずは、お任せコースを発注。

 

刺しメニューから。

うわみすじとリブアイ。


なかなかこの部位の刺しはないよ。

うまかー!

シンガポールで和牛の刺しを食べられるとは、なんとも贅沢体験。

 

そして塩でタンとうわみすじ。

大変質が高い宜しいことで。

タンは普通だったが、みすじが刺しと焼きで2連続で出てきたことは、みすじ好きの私としては嬉しい限り。

 

そしてタレで、ヒレみみと肩三角。

どちらも素晴らしい。

よろにくスタイルなので、基本的には店員さんが焼いてくれる。

ヒレみみはお願いして、超レアで頂く。

むむむ、旨し。

旨い肉はもはや焼く必要ないよね。

 

続いて友三角のタレ。

サーロイン。

もはやこれはステーキ。

ポン酢でさくっと。たまりません。

 

以上、コース肉はここまで。

さらにアラカルトで、切り落としタレ。

こちらはサービスして頂く。

そしてツラミ刺し。

ツラミの刺しは人生初かもしれない。

おいしかとー!

そして、テイルを塩で。

さらにツラミは焼きまで頼んでしまう。
(私は刺しの方が好みだった。)

こんな希少部位達がシンガポールで食べれるとはね。

 

和牛コロッケも。

こちらは和牛というよりイモ感満載。

お腹もいっぱいになってきた。

 

コースの締めはカレーとアイスで。

幸せ満腹なり。

ヤキニクエストはシンガポール中心部にあり、お店の目の前はこんな感じ。

お店の前の道を挟んだところでは、ヤキニクエストが「にくづき(NIKUDUKI)」という和牛居酒屋もやっているとのこと。

こちらの店では、焼肉スタイルのBBQはできないらしい。

観光客的には、景色や雰囲気を含め、こっち側の食事も楽しいことだろう。

 

最後にこんなフリスクを頂く。

そのコピーもまた素晴らしい。

「Spreading the power of YAKINIKU all ove the world」

 

美味しい焼肉は人を幸せにする。

 

アリヴェデルチッ!