福岡のアマ―イすき焼き


福岡。

言わずと知れた食の街だ。

成長著しいアジアにおける日本の玄関口という意味でも、九州は大きな可能性に溢れている。

その中心都市・福岡。

今回はそこの名門・「ちんや」ですき焼きを頂いて来た。

ちんや(食べログ)

rp_ce75713895af29eff1cadc2b9146833a-e1471067307819-300x300.jpg

店の佇まいから、いかにも伝統あるお店の風格が漂う。

1階では、お肉も売っていた。

肉屋か、これは期待が高まる。

すき焼きはお店の2階に案内された。

 

メニューはこんな感じ。

福岡すきやき (8) 福岡すきやき (7)

こうやってシンプルのメニューって、店の自信を感じさせるね。

福岡すきやき (5)

すき焼き前に、軽くローストビーフを頬張ってからの、すき焼きスタート。

福岡すきやき (10) 福岡すきやき (9)

この店でなんといっても驚きは、その割り下だ。

醤油と砂糖のみで作られる伝統の割り下、そしてそこに使われる圧倒的な砂糖の量!

すごい量の砂糖があるなと思ったら、お肉にもそれが惜しみなく使われる。

福岡すきやき (2)

えー!!、というような量の砂糖が投下される。

福岡すきやき (3)

野菜などを入れてからもなお再投入。

 

人間の脳は、甘いものは美味しいと認識するようにできている。

こうした事実を見せつけられるかのような、すき焼きだ。

福岡すきやき (4)

肉では焼肉やステーキが多くなりがちな私だが、すき焼きもやはり美味しい。

すき焼きは、卵がフレッシュで食べれる日本ならではの逸品だ。

福岡でスイートなすき焼きに挑戦したい人は是非トライあれ。

 

アリヴェデルチッ!