ステーキなレボリューション!


ちょっと前に、「ステーキ・レボリューション」なる映画を見た。

ビーチ沿いで映画を見て、その場で焼いた肉を食べようという、肉好きとしては抗しがたい企画だった。

ステーキレボリューション (6) ステーキレボリューション (5) ステーキレボリューション (1)

この映画。

フランス人が美味しい肉(ステーキ)を求めて、世界中を旅するというドキュメンタリー映画。

アマゾンの商品説明にはこう書いてある。

「世界で一番美味しいステーキを探すために、全世界20カ国、200を超えるステーキハウスをめぐって旅したステーキ・ドキュメンタリー」

彼の独断で世界の肉がランキングされているが、求道者っぽい作品が、肉好き心を刺激する。

日本人でも、やっぱり和牛すごい!

って思ってしまうね。

ステーキレボリューション (3) ステーキレボリューション (2)

映画終わりに、肉の食べ比べのような企画があったので、一応記録がてらに写真も載せておく。

BBQは外で食べるだけで美味しいね。

 

映画自体は、究極に美味しい肉を探求するのかと思いつつ、最後に環境など他の視点が増えてブレている感じもあった。まあそうやって視点がブレたり、その視点がいかにも現代的だったりすることも、個人的に撮ったドキュメンタリー映画という感じで味わい深かった。

まあ観た人は、今度その内容を肴に肉を食べましょう!

 

そしてステーキと全く関係ないけど、シェークスピアの「リア王」の観劇に行ってきた。

2.5時間にわたる圧巻の舞台。観劇感激!舞台はTVとは違う独特の魅力があっていいね。

リア王

 

アリヴェデルチッ!