X Japanのhideのドキュメンタリー映画を見てきた


X Japanの不世出のギタリストhideを知っているだろうか?

1998年5月2日に亡くなった時は、日本中が涙し、パニックになった。

そんなhideのドキュメンタリー映画「JUNK STORY」が本日封切りとなった。

hide (2)

大のX Japanファン、hideファンとして、早速行ってきた。

hideはやっぱり最高だ。

その一方、この映画には正直ガッカリした。

 

個人的には、最初のXの復活ライブで、hideのために書かれた楽曲「Without You」が演奏された時と同じくらい、大泣きしてしまうかもしれないと思って行ったこの「ジャンクストーリー」。

だが期待は裏切られた。

この映画が気持ち悪いのは、hideのドキュメンタリー映画といいながら、

・X Japanの映像がほとんどない

・X Japanの楽曲が1つもかからない

・X Japanに関するシーンも異様に少ない

 

ソロのhideも大好きではあるが、hideの人生に関する映画で、Xがこんなに出てこないということがあるだろうか?

インタビュー映像ばかりではあるが、その中には同じX JapanのToshiやHeathなどのコメントは1つもない。

 

そもそもインタビューで話している人が、ビジネス上hideを使って、お金を稼いでいる関係者ばかりだ。

hideの素晴らしさを残すために、今も昔もhideを利用して生活する人の必要性には反対しない。

でも色々な人からhideの様子をインタビューして映画を作るのであれば、hideでお金を稼いでいる関係者だけでなく、X Japanのメンバーも当然だし、対等の関係者や、現在は成功した関係する先輩後輩アーティストからもインタビューをとるべきだ。

hideのトリビュートアルバムに賛同してくれた、大物アーティスト達のメッセージはなぜ撮らなかったのか?

 

X Japanの映像や音楽が極端に少ないのはなぜか?

ここには間違いなく権利問題が発生しているのだろう。

使えば、X Japanの映像や音楽に対する権利を支払う必要がある。

でもエックスジャパンを語らずに、ヒデを語ることはできない。

権利問題がうまく解決できないという大人の事情をそのままにして、Xなしでhideの映画を作って、hideは納得するのだろうか?

hideの自分の作品に妥協しない姿勢を激賞する映画ならば、hideで飯を食っている人たちは、hideのその姿勢をもっと尊重して欲しい。

 

hideの姿を見れたことは良かった。

でもこの映画に、通常より高い2500円の価値はあるだろうか。

X Japan、hideを本当にリスペクトするだけに、残念な映画だった。


(これはhideソロのJunk StoryのPV)

We are X!

 

アリヴェデルチッ!